サムライ甲虫

動植物

サムライ甲虫

さむらいこうちゅう

学名Laricobius osakensis

マキムシモドキ科に属する甲虫

北アメリカにおいて、針葉樹のツガは1980年代からツガカサアブラムシというアブラムシによる被害で枯死が目立つようになった。この甲虫アメリカ研究者大阪市立自然史博物館の初宿成彦学芸員が協力して大阪府高槻市で発見したもので、ツガカサアブラムシだけを食べる。「米国の森を救う勇敢な虫だ」として、通称「サムライ甲虫」と呼ばれている。生物農薬として期待されている。


関連語 リスト::動物 リスト::昆虫