スマートフォン用の表示で見る

サラエボ事件

社会

サラエボ事件

さらえぼじけん

1914年6月28日、オーストリア・ハンガリー帝国皇太子夫妻がサラエボで暗殺された事件。

オーストリア政府セルビア政府による陰謀だとして最後通牒を突きつけ、そこからヨーロッパ各国間に巡らされていた同盟・協商関係が連鎖的に発動して緊張が否応なく上昇、ついに第一次世界大戦勃発へと至った。