サルーキ

動植物

サルーキ

さるーき

グレー・ハウンド系に属する大型犬で、優美でスピード感にあふれた高貴な雰囲気をもつ犬である。もともとは、中近東から北アフリカ一帯の地犬で、古くから鹿(レイヨウ)狩りに使われ、鷹狩りの補助やジャッカル、狐、野兎、猪などの狩りでも活躍していた。きわめて古い歴史をもつ犬種で、聖書の中に「犬」が出てくればサルーキを意味すると言われる位である。

遊牧民族とともに移動したために、カスピ海沿岸からサハラ砂漠まで当犬の生息地は広範囲なものとなっており、地域によって体格や毛質、毛色が一定ではない。