サルコペニア肥満

サイエンス

サルコペニア肥満

さるこぺにあひまん

筋肉が老化などで落ちたところに脂肪が乗るタイプの肥満

サルコペニア」とは、ギリシア語の「サルコ=筋肉」「ペニア=低下」を合わせた造語で、主に加齢によって筋肉量が減少する現象のこと。

筋肉がやせ細ったところに脂肪が乗るため、身長や体重は変わらないにも関わらず肥満になる。対策法には、筋肉量を増やすこと、筋肉の質を高めること、食事内容を見直すことなどが挙げられる。