サルバドール・デ・バイア歴史地区

地理

サルバドール・デ・バイア歴史地区

さるばどーるでばいあれきしちく

(英名:Historic Centre of Salvador de Bahia、仏名:Centre historique de Salvador de Bahia*1

1985年に登録されたブラジルの世界遺産文化遺産)。サルヴァドールバイア州に位置し、1549年にポルトガルによって建設されて以来、1763年までブラジル首都で、約200年間にわたってアフリカ奴隷の労働力によるサトウキビプランテーションにより繁栄した。歴史地区はシダーデ・アルタ?(上町)とシダーデ・バイシャ?下町)に分けられ、上下を分ける崖は80mほどもある。シダーデ・アルタの旧市街には、リオブランコ宮殿?やサン・フランシスコ聖堂?サルヴァドール大聖堂など350にも及ぶ建築物などが残っている。

*1ポルトガル語の「サルヴァドール・ダ・バイア(Salvador da Bahia)」ではなく、スペイン語の「サルバドール・デ・バイア(Salvador de Bahia)」で登録されている