サン・レウチョの邸宅群

地理

サン・レウチョの邸宅群

さんれうちょのていたくぐん

イタリア語: Complesso di San Leucio)

イタリア共和国カンパーニア州カゼルタ郊外のサン・レウチョ?にある邸宅群。18世紀後半、ナポリ王国ブルボン朝)の王たちが建設した。とくに、絹工場とその労働者のための住宅街は、当時の先進的な産業都市として知られる。

1997年に、カゼルタ宮殿、ヴァンヴィテッリの水道橋とともに、UNESCOの世界遺産に「カゼルタの18世紀の王宮と公園、ヴァンヴィテッリの水道橋とサン・レウチョの邸宅群」の名前で登録された。