サンアグスチン教会

地理

サンアグスチン教会

さんあぐすちんきょうかい

首都マニラのイントラムロスにあるフィリピン最古の石造の教会。1571年に教会の基礎が築かれ、1606年に完成した。フィリピンの多くの教会は戦火で破壊されてしまったが、この教会は被害に遭わず、今日でも往時の重厚な佇まいを残している。教会周辺の洋風建築も復元され、観光名所になっている。1993年に、世界遺産文化遺産)として登録された。マゼランが贈ったサントニーニョ像(キリストの子供時代の像)が安置されているため、「サントニーニョ教会堂」とも呼ばれる。