サンシャイン計画

サイエンス

サンシャイン計画

さんしゃいんけいかく

日本政府が計画したエネルギー供給計画。

水力・火力・原子力に代わる新エネルギーとして、太陽・地熱石炭水素によるエネルギーの重点技術の研究開発を検証した計画である。

計画の流れ

1973年  第1次オイルショックを契機に構想が練られた。

1974年7月 工業技術院によって計画発足。

1978年  省エネルギーエネルギー再生をメインとした、「ムーンライト計画」が構想される。

1993年  ニューサンシャイン計画としてリニューアルされる。ニューサンシャイン計画は2000年まで実施された。

具体的実施例

1970年代に破棄された塩田について、長時間の日照時間保障と土地活用の為、太陽熱発電が可能であるか検証される。

投入予算

4400億円