サンディー・コーファックス

スポーツ

サンディー・コーファックス

さんでぃーこーふぁっくす

Sanford Braun Koufax

MLBロサンゼルス・ドジャースの選手で。メジャーリーグ史上最高の左腕投手の一人。

1935年12月30日生まれ。ニューヨーク州ブルックリンで、ユダヤ教徒の家庭に生まれる。



シンシナティ大学時代までバスケットボールに熱中。大学時代に野球チームにも時々顔を出していた。

1955年に当時のブルックリン・ドジャースのスカウトの目にとまり、契約。

当時の規定により、契約から2年間はメジャーに登録されなければならなかったため、マイナーリーグを経ずメジャー入り。

皮肉にも、コーファックスの代わりにメジャーから外されたのは、後の名将トム・ラソーダだった。



コントロールの悪さから最初の三年間は伸び悩んだが、キャッチャーのノーム・シェリー?から「もっと力を抜いて投げてみろ」という忠告を受け、1961年には18勝を挙げ、一躍チームの中心投手となる。

1962年ドジャースは本拠地をロサンゼルスに移転し、6月30日のニューヨーク・メッツ戦ではノーヒッターを達成。シーズン防御率2.54でタイトルを獲得した。

1963年には投手三冠王である最多勝(18勝)、最優秀防御率(1.88)、最多奪三振(306三振)を達成。同年にサイ・ヤング賞MVPも獲得し、ウィリー・メイズ?オーランド・セペダを擁するサンフランシスコ・ジャイアンツを相手に2度目のノーヒッターも達成。またワールドシリーズではニューヨーク・ヤンキースを4連勝で下し、ワールドシリーズMVPも獲得。ヤンキースのヨギ・べラは「何であの男が25勝できたのかは分かった。わからないのはなぜあの男が5敗したのかだ」とぼやいたと言われている。

1964年にも最優秀防御率のタイトルを獲得し、19勝5敗の成績を残すが、肩の故障に苦しむ。 現在では常識となっている投手のアイシングをチームメイトのドン・ドライスデール?投手とともに始めた。

それでもフィラデルフィア・フィリーズを相手に3年連続となるノーヒッターを成し遂げる。

1965年9月9日のシカゴ・カブス戦では完全試合を達成し、4年連続でノーヒッターを記録した史上初の投手となる。 チームはワールドシリーズに駒を進め、2度目のサイ・ヤング賞を受賞。

ワールドシリーズ第1戦はユダヤ教最大の祭日であるヨム・キプールと重なったため、彼は安息日として先発を拒否し、特にユダヤ人コミュニティーの間で賞賛を浴びる。第2戦では先発。シリーズは第7戦にもつれこむ。第7戦に中2日で登板し、ミネソタ・ツインズ打線を3安打完封に抑えシリーズ制覇、シリーズMVPを獲得。

1964年のシーズン前にドライスデールと共に大幅な年俸増をオーナーのウォルター・オマリー?に要求し、初の代理人交渉を行う。後のフリーエージェント制度のきっかけとなった。

1966年にも27勝9敗、防御率1.73、317奪三振を記録するが、ワールドシリーズではボルチモア・オリオールズに敗れる。その直後に左腕の関節炎を理由に引退。

通算成績は165勝87敗、防御率2.76、2486奪三振、167完投、49完封

1961年から1966年にかけて通算7回のオールスターゲーム出場。

引退後5年はNBCで解説者を務めるが、その後は公の場から姿を消す。

1972年には史上最年少で野球殿堂入り。同年の6月には背番号32がドジャース永久欠番となる。


* リスト::野球選手