スマートフォン用の表示で見る

サントリーサンバーズ

スポーツ

サントリーサンバーズ

さんとりーさんばーず

沿革

1973年4月創部。日本鋼管に所属していた大古誠司・渡辺輝明、富士フイルムに所属していた岡野昌弘らを中心とし、創部からわずか2年で日本リーグ(当時)へ昇格した。一度は実業団リーグへ転落したが、復帰以後はトップリーグ日本リーグVリーグ)でチームを維持している。

1984年黒鷲旗で初の全国優勝を果たし(以後、黒鷲旗1985年1991年と優勝)たが、日本リーグ優勝には無縁(2位が最高)だった。

1994年度、第1回Vリーグで待望の優勝。2004年度に日本リーグ時代の富士フイルムと並ぶ5連覇を達成した。

歴代監督

岡野昌弘(1973-77)→大古誠司(1978-1982)→岡野昌弘(1983)→大古誠司(1984-1988)→渡辺輝明(1989-1997)→桑田美仁(1998-2000)→鳥羽賢二(2001-2003)→山本和史(2004-2005)→河野克巳(2006-)

タイトル

*1:彼の功績を称え、背番号16は永久欠番となっている。