サンドピアリス

スポーツ

サンドピアリス

さんどぴありす

(父)サンドピアリス

生年月日1986年5月17日生まれ-2007年6月14日没・牝・鹿毛
生産者岡田牧場(北海道静内
ハイセイコー
イエンライト
母の父イエラバ
馬主(株)ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 
管理調教師吉永忍栗東
競走成績18戦3勝
主な勝ち鞍エリザベス女王杯 (2着・京都記念


サンドピアリス栗東トレーニングセンター吉永忍厩舎に所属した競走馬。母イエンライトダートで10勝を挙げ、血統的にはダート馬と見られていた。当時の明け四歳でデビューしたもののクラシック戦線では全くノーマークの存在でありながら、第14回エリザベス女王杯を20頭立て20番人気で優勝したことで有名。単勝配当は43,060円にもなり、GI級競走ではタチカゼ?日本ダービーにおける55,430円に次ぐ第2位、グレード制施行後に限れば現在も第1位の単勝配当記録である。ちなみにこのレース一番人気の桜花賞シャダイカグラは道中の故障により20着だった。このレースがきっかけで人気馬となり、「二度あることはサンドピアリス」なる横断幕も掲げられる存在となった。これが現実となったのが11頭立て9番人気で激走し出走した同馬の引退レースで、優勝こそ成らなかったもののプリンスシンの2着に健闘した。このコースは当時のエリザベス女王杯と同じ京都競馬場、芝2400メートル条件の京都記念であった。引退後は重賞4勝のタマモストロングを出し繁殖牝馬としても活躍していたが、2007年6月14日繋養先の北海道新ひだか町の岡田牧場で老衰のため死亡した。


繁殖成績

生年馬名父名
2005年サンドヴィーナス?マンハッタンカフェ
2004年ボージョボーカリズマティック
2003年サンドプロミネンス?ピルサドスキー
2001年タマモサンドスキー?ピルサドスキー
1999年サンドピクチャー?アフリート
1998年サンドピアリスの1998フォーティナイナー
1996年サンドハーブ?エルハーブ
1995年タマモストロングスキャン
1994年サンドピクシー?ロドリゴデトリアーノ
1992年サンドコロネット?ファストトパーズ?


サンドピアリスの血統


ハイセイコー チャイナロック
*China Rock
Rockefella Hyperion
Rockfel
May Wong Rustom Pasha
Wezzan
ハイユウ *Karim Nearco
Skylarking
*Dalmogan Beau Son
Reticent
イエンライト イエラパ
*Yelapa
Mossborough Nearco
All Moonshine
Your Point Nirgal
Your Game
テツザンヒメ *Gay Time Rockefella
Daring Miss
ウエーライト *Harroway
グリンライト


リスト::競走馬

目次
    • (父)サンドピアリス
    • 繁殖成績
    • サンドピアリスの血統