サンパチェンス

動植物

サンパチェンス

さんぱちぇんす

サカタのタネが開発したインパチェンスの栄養系品種。名前の由来は“太陽 (sun)+忍耐 (Patience)”からきている。

自動車などの排ガスに含まれる二酸化窒素(NO2)、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド(HCHO)や地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)を吸収する能力がある。他の園芸植物と比較して、高い炭素固定(CO2吸収)能力を示す。打ち水する際に、裸地に打ち水するよりも温度降下の効率がよく、その効果の持続性がある。これらのことから「環境浄化植物」と呼ばれる*1


:植物