ザ・テレビ演芸

テレビ

ザ・テレビ演芸

ざてれびえんげい

80年代に放送されたテレビ朝日の演芸番組。

前半はプロの芸人による演芸。

後半は「目指せ笑いのニュースターホップステップジャンプ」と題した新人発掘コーナーだった。

司会は横山やすし、後に西川きよし


この番組から宮川大助・花子大木こだま・ひびきB21スペシャルダチョウ倶楽部中村有志などがスターダムを駆け上がった。

また、ダウンタウンライト兄弟と言う芸名で出場し、やすしから酷評された事は語り草となっている。