スマートフォン用の表示で見る

ザ・マジックアワー

映画

ザ・マジックアワー

ざまじっくあわー

「The Magic Hour」

三谷幸喜監督第4弾映画。


出演・佐藤浩市妻夫木聡深津絵里綾瀬はるか戸田恵子西田敏行小日向文世寺島進ほか


 架空の港町・守加護(すかご)を舞台に、三流役者、ギャングのボス、その手下らが入り乱れる群像喜劇した群像コメディー。得意の計算し尽くされたドタバタ劇に加え、銃撃戦やカーチェイスなどの本格アクションや多彩なCGにも初挑戦する。

「大作じゃなくて超大作。これまでと比べて1番笑える作品。1分に3度笑わせます。後世に残る完璧なコメディー。そして、笑って最後にグッとくる人間ドラマに仕上げます」と監督も自信満々。

 主演の三流役者に佐藤浩市、ギャングのボスに西田敏行、その手下に妻夫木聡、彼を秘かに慕う女の子に綾瀬はるか、魔性の女に深津絵里と豪華キャスティング。

 ちなみにマジックアワーとは映画専門用語で、1日で最も空が綺麗に映るとされる夕暮れの一瞬のこと。


 7月21日クランクイン、9月末クランアップ予定、2008年6月公開予定。


港町・守加護を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出したクラブ支配人の備後(妻夫木聡)は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋・デラ富樫を探し出すことを約束するも見つけられず、三流役者の村田大樹(佐藤浩市)をこの殺し屋に仕立ててしまう。映画の撮影だと騙されて連れてこられた村田は、派閥組織と本物の銃撃戦が繰り広げられる中「どうせ、どこかでカメラが回っているんでしょ?」と思い込み、1人熱演。「最近の映画はすげえ!」と勘違いする。