ザクセン人民党

社会

ザクセン人民党

ざくせんじんみんとう

(独:Sächsische Volkspartei?

1866年に結成された社会主義政党ザクセン人民党結成の背景には、普墺戦争におけるプロイセンの勝利と北ドイツ連邦の発足(1866年8月18日)が挙げられる。プロイセン権威主義的な体制ドイツ全体に広がることの懸念から、翌日の1866年8月19日、ヴィルヘルム・リープクネヒトとアウグスト・ベーベルによって、ケムニッツザクセン人民党が創設された。反プロイセンを前提として、社会主義的な労働者階級自由主義的なブルジョワジーとの政治的連携を図ったものである。しかし、第一インターナショナルをめぐる姿勢などから党内での統一が崩れ分裂し、1869年には党内の左派勢力によって社会民主労働者党(Sozialdemokratischen Arbeiterpartei、SDAP)が結成された。