ザンクトガレン

地理

ザンクトガレン

ざんくとがれん

(標準独語:Sankt Gallen、アレマン語:Sanggale、仏: Saint-Gall,サンガル?、伊: San Gallo,サンガッロ?

スイス連邦のザンクトガレン州?にある基礎自治体(ポリティッシェ・ゲマインデ?)で同州の州都スイス北東部、アッペンツェルアルプスボーデン湖の間の谷に位置する。標高は700メートルほどで、スイスで最も標高が高い都市のひとつであり、冬にはかなりの積雪量がある。

612年頃にアイルランド修道士である聖ガルス?がシュタインナッハ川の川岸に建てた小屋に起源を持つ。聖ガルスの死から1世紀経った719年[1]に、聖オトマールはその小屋を修道院へと改め、街と修道院を聖ガルス?にちなんで「ザンクト・ガレン」と名付けた。1803年ナポレオンによりザンクト・ガレン州が制定され同名の都市、ザンクト・ガレンがその州都となる。「ザンクトガレン修道院」は1983年にユネスコ世界遺産へ登録されている。ホームとするプロサッカークラブに、「FCザンクトガレン」がある。