ザンクトガレン修道院

地理

ザンクトガレン修道院

ざんくとがれんしゅうどういん

(英名 :Abbay of St Gall、仏名 :Abbaye de St-Gall、独:Fürstabtei St. Gallen、)

1983年に登録されたスイスの世界遺産文化遺産)。スイス北東部の中心都市にある、ベネディクト派修道院。その起源は、613年頃にアイルランド修道士の聖ガルス?がシュタインナッハ川の川岸に建てた小屋である。720年に聖オトマールにより、聖ガルスの小屋跡に修道院が建設され、修道院は聖ガルスにちなんで「ザンクト・ガレン」と名づけられた。以来数世紀にわたって、ベネディクト派の中心的な修道院の一つとなってきた。火災や宗教改革時の混乱で大聖堂は破壊されたため、当時の建物を見ることはできない。今日残されているバロック様式大聖堂は18世紀に再建されたものである。また、この修道院を有名なものにしているのが、多数の写本や古文書を収蔵する図書館の存在である。この図書館は1767年に建造され、その蔵書数は2005年の段階で約10万冊を超え、そのうち2200冊が初期中世の彩飾写本で、1600冊以上のインキュナブラ(グーテンベルクの発明した活版印刷術を用いて印刷されたヨーロッパ最初期の活字印刷物)も所蔵している。