ザンジバル島のストーン・タウン

地理

ザンジバル島のストーン・タウン

ざんじばるとうのすとーんたうん

(英名:Stone Town of Zanzibar、仏名:La ville de pierre de Zanzibar)

2000年に登録されたタンザニアの世界遺産文化遺産)。首都ダル・エス・サラーム北方、インド洋に浮かぶザンジバル島ウングジャ島)の古い町並である。この島には10世紀頃からアラブ商人が定住していた。1498年にポルトガルの航海者バスコ・ダ・ガマ喜望峰を回るインド航路を発見したが、その際の航海の途上の上陸地点の一つであった。この島は、その後間もなくポルトガル領となり、その後、オマーン、さらにイギリスの支配に替わったが、ずっとアフリカからの奴隷・象牙・金などの輸出で栄えた。この島の中心がザンジバル・シティで、ストーン・タウンは、その旧市街アラブヨーロッパの文化の影響を受けた3階建て以上の石造りの建築物が多数残り、東アフリカ地域ではほかに見られない独特の都市景観をつくり出している。