フェニックス・シーガイア・リゾート からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

シーガイア

しーがいあ

[英] SEAGAIA

シーガイアは、フェニックスリゾート株式会社が運営し、宮崎県宮崎市山崎町浜山にある大規模リゾート施設。

正式名称フェニックス・シーガイア・リゾート

宮崎県復興として構想された「宮崎・日南海岸リゾート構想」の中核施設で、官民一体の巨大プロジェクトだった。

1993年7月に、世界最大級の室内プール「オーシャンドーム」*1やゴルフコースなど5施設を一部開業させ、営業を開始した。

総事業費2,000億円で建設されたが、利用客数の低迷も相まって、毎年200億円前後の赤字が発生した。

2001年2月に、第3セクターとしては過去最大の負債3,261億円で会社更生法適用を申請。

同年6月に、アメリカ投資会社リップルウッドホールディングスが162億円で買収することで合意が成立した。

2007年9月30日、大型屋内プール「オーシャンドーム」閉鎖。

2012年2月23日、セガサミーホールディングス株式会社が買収を発表。新たな複合型リゾート施設の開発を目指す。

2012年3月26日、フェニックスリゾート株式会社の全株式セガサミーホールディングス株式会社が取得し、完全子会社化した。

2014年8月1日、「オーシャンドーム」の再活用を断念し、解体すると発表。サンホテルフェニックスも、2015年6月末で営業を終えることを発表した。

*1:全長300m、幅100m、高さ38m