シーモン・ガーテ

アート

シーモン・ガーテ

しーもんがーて

Simon Gate (1883-1945)ガラス工芸デザイナースウェーデンのオレフォッシュ社(オレフィス工房)にエドワルド・ハルドと共にを招かれる。1916年、グラール技法を開発。また、この頃、アリエル技法も完成された。ラヴュール彫刻が美しい彼らの透明クリスタルは、1925年のパリ万博アール・デコ博)でも熱狂的な賛辞を受け、スカンディナヴィア諸国の工芸改革に大きく貢献した。