スマートフォン用の表示で見る

シーモンキー

動植物

シーモンキー

しーもんきー

ブラインシュリンプの商品としての名称で、甲殻綱無甲目アルテミア科の節足動物

商品構成は「1」「2」「3」の袋に分かれている。 

  • 1は水質調整剤。水道水のカルキ類を抜き、シーモンキー向きの水にする。
  • 2はシーモンキーの卵と栄養。 
  • 3はある程度成長してから与える餌

記述された量の水に「1」の粉を入れて1日置く。 時間が経ったら「2」粒状の卵を水に入れると瞬く間に孵化し、成長すると、体長は1センチほどになる。もの珍しさから、ペットとしてブームになった。 

 現在も入手可能だし、「学研」の雑誌のおまけとしては定番である。

 卵は水につけなければ保存できる特性を持つ。経験では17年前のセットからも無事成長した。

熱帯魚の餌として卵の状態で売られているが、これは商品「シーモンキー」程に羽化率が高くなく、生育が容易ではない。

関連語 リスト::動物