スマートフォン用の表示で見る

シアヌーク病院

一般

シアヌーク病院

しあぬーくびょういん

1996年12月、カンボジアプノンペンワールドメイトの資金提供と、カンボジア王国政府の土地提供により、シアヌーク病院(24時間無料救急病院)が建設される。カンボジアでは20年近い内戦により、医師や設備が極度に不足しており、その現状に心を痛めた深見東州は、24時間無料診療の救急病院の必要性を感じ、建設を決意。呼びかけに応じた人々の協力により、近代的な病院を完成させ、「ホープ・ワールドワイド(Hope Worldwide)」(キリスト教系国際チャリティー組織)とともに、今日まで共同で運営に当たる。

2009年12月現在まで100万人以上が治療を受け、年間数1000人以上の命が救われている。また、最先端医療技術を教育するなど、カンボジア全体の医療技術の前進にも貢献している。2003年1月に第2病棟、さらに2004年11月には第3病棟が完成。カンボジアのNO.1の医療レベルと総合教育を行うセンターとして、エイズマラリアの撲滅や医療を進めている。