シエンタ

一般

シエンタ

しえんた

トヨタ自動車の小型乗用車。

ヴィッツ・シリーズのひとつで、モビリオに対抗すべく発売された3列シート・ミニバン

初代は主にママ層がターゲットにされており、丸みを帯びたフレンドリーな外観と、3列目シートへの乗降が楽なように2列目シートが肩口のレバー一つで簡単に前に引き倒せる構造が特徴だが、肝心の3列目のシートがあからさまに補助席レベルの薄っぺらで、キューブ・キュービックを含めた競合3車種の中で一番ショボいのが玉に傷。

2015年に2代目に移行。

廃止からの復活

2008年に発売されたパッソセッテに譲る形で一旦生産を終了したが、同車の販売が振るわなかったためマイナーチェンジという形で生産が再開された。