シオツチノオジ

一般

シオツチノオジ

しおつちのおじ

日本神話に登場する神。塩竈明神や事勝因勝長狭神とも言う。「日本書紀」の天孫降臨の説話において、日向の高千穂の峰に天降ったニニギが笠狭崎に至った時に事勝国勝長狭神が登場し、ニニギに自分の国を奉っている。