スマートフォン用の表示で見る

シオラン

一般

シオラン

しおらん

ルーマニア哲学者(1911−1995)

人間存在への絶望、生の苦悩を主題にしたアフォリズムは高く評価されている。

「真の知とは、結局、夜の暗黒の中で目覚めているということに尽きている」