スマートフォン用の表示で見る

シカゴ・ホワイトソックス

スポーツ

シカゴ・ホワイトソックス

しかごほわいとそっくす

Chicago WHITE SOX

MLBア・リーグ中地区所属。

前身はセントポールセインツ1901年ア・リーグ創設と同時にホワイトストッキングスとしてリーグ加盟。直後にホワイトソックスに縮めた。

地区優勝4回、リーグ優勝6回。ワールドシリーズ優勝3回(1906年1917年、2005年)。

1919年の「ブラックソックス事件」で8人の永久追放選手を出し、それ以降は低迷が続き、1959年ア・リーグを制してから45年間ワールドシリーズから遠ざかっていたが、2005年にワールドシリーズ出場し、ヒューストン・アストロズに4連勝で88年振りMLB制覇を成し遂げた。

日本人の主な在籍選手

高津臣吾(2004)

井口資仁(2005-2007)