音楽

シカゴ

しかご

ロックバンド。

テリー・キャス?、ロバート・ラム?ピーター・セテラ等で活動、1969年にデビュー。

デビュー盤のみ「シカゴ・トランジット・オーソリティー」名義であるが、訴訟を受け

その後はシカゴと名乗るようになる。

ホーンセクションが特徴のブラス・ロックで大人気を博し、「長い夜」「サタデイ・

イン・ザ・パーク」等を全米チャート上位に送り込んだ。しかし、テリー・キャスの

不慮の事故による他界、メンバーチェンジなど経てセールスが落ち込み、1981年には

コロムビアレコードからの移籍を余儀なくされる。

しかしながら翌1982年、バンドは驚異的な再ブレイクを果たす。当時の売れっ子

プロデューサーであるデヴィッド・フォスターを据え、ギタリストとしてビル・

チャンプリンを加入させたシカゴは、それまでのブラスロックから路線を変更、

素直になれなくて」等のスウィートな作品が時宜をとらえ、アルバム「シカゴ16」以降

ヒットチャートの主役へと返り咲くこととなる。

その後はセテラの脱退、ジェイソン・シェフ加入、チャンプリン脱退等落ち着きない

動きを見せながらも、'90年代に至っても支持を集めるバンドであり続けた。近年は

企画盤のリリースのみだが、活動は継続している模様。日本では「素直になれなくて」が

CMソングで使われるなど、「シカゴ16」以降のイメージが強い。