シギショアラ歴史地区

地理

シギショアラ歴史地区

しぎしょあられきしちく

(英名:Historic Centre of Sighişoara、仏名:Centre historique de Sighişoara)

ルーマニア世界遺産文化遺産)。ルーマニア・ムレシュ県の都市シギショアラドイツ語名:シェースブルク)のうち、トランシルヴァニア・ザクセン人によって12世紀以降に建造されたシタデルの区域に該当する。かつてラテン語でカストゥルム・セクス (Castrum Sex) と呼ばれたシギショアラの歴史地区は、現在もなお人々が暮らす中世的城塞都市であり、「ルーマニアの宝石」とも称えられるその美しい街並みは、トランシルヴァニア・ザクセン人の850年に及ぶ歴史と文化の例証として、1999年にユネスコ世界遺産に登録された。

主な登録構造物

  • 時計塔 (Stundturm / Turnul cu Ceas)
  • ブリキ職人の塔 (Zinngießerturm / Turnul Cositorilor)
  • 皮なめし職人の塔 (Ledererturm / Turnul Tăbăcarilor)
  • 綱職人の塔 (Seilerturm / Turnul Frânghierilor)
  • 精肉業者の塔 (Fleischerturm / Turnul Măcelarilor)
  • 毛皮職人の塔 (Kürschnerturm / Turnul Cojocarilor)
  • 仕立業者の塔 (Schneiderturm / Turnul Croitorilor)
  • 製靴職人の塔 (Schusterturm / Turnul Cizmarilor)
  • 鍛冶職人の塔 (Schmiedturm / Turnul Fierarilor)
  • 山上教会 ( Bergkirche / Biserica din Deal)
  • ドミニコ会修道院付属教会 (Dominikaner-Klosterkirche / Biserica Manastirii Dominicane)
  • ヴラド・ドラクル邸 - ドラキュラのモデルとして有名なヴラド・ツェペシュの邸宅。