シスル

地理

シスル

しする

(Shisr)

オマーン南部の町。サラーラの北約90キロメートル、ルブアルハーリー砂漠?の南縁に位置する。紀元前4世紀頃に乳香交易?で栄えたウバール?という町があった場所とされ、1992年に要塞の壁や塔の遺跡が発見された。アルバリードホールルーリワディダウカ遺跡とともに、2000年に「乳香の土地」の名称でオマーンの世界遺産文化遺産)に登録された