シノン

読書

シノン

しのん

川原礫の小説『ソードアート・オンライン』の登場人物。アニメでの担当声優沢城みゆき

ファントム・バレット編のヒロイン。銃と鋼鉄のVRMMORPG《ガンゲイル・オンライン》のプレイヤーで、クールでボーイッシュな少女。長大なライフル《ヘカートII》を愛用する狙撃手。

本名は朝田詩乃。現実では女子高生。幼い頃に父が交通事故で他界し、母もその時に精神年齢が逆行したことから、母を守らねばという義務感を強く抱くようになった。11歳の頃に母を襲った強盗犯を射殺してしまい、それが銃器に対する強いトラウマとなってPTSDに悩まされており、その克服を狙って《GGO》をプレイするようになった。また、事件の噂は学校にも広まり、そのことでいじめや恐喝に合っている。

ファントム・バレット編では、《死銃(デス・ガン)》事件の調査のため《GGO》にダイブしたキリトと出会う。《GGO》最強のガンナーを決める大会《バレット・オブ・バレッツ(BoB)》予選の待ち時間に《死銃》を目撃した彼の尋常ではない怯え方に、自らと近しい苦悩の陰を感じ取る。

BoB大会本選では、キリトと共闘するが、《死銃》の用いる五四式・黒星を見て発作を起こしてしまう。さらに自分も「死銃」の標的になっていることを知り取り乱すが、キリトに助けられ、互いに過去の罪を告白することで、彼の強さの何たるかを悟った。その後、キリトとの協力により《死銃》を倒し、彼との同率で念願のBoB優勝を果たした。試合後、自分を殺そうとしていた「死銃」の共犯者が友人の新川恭二であることを知らされ、錯乱した彼に現実世界で襲われそうになるが、駆け付けたキリトこと桐ヶ谷和人の助けでことなきを得た。

事件解決後は、和人達の計らいにより、当時の事件で結果的に自分が救った母子と対面、謝罪と感謝を受けて自分の抱える罪と向き合い、前に進むことを選んだ。

事件後は平穏な暮らしを取り戻しており、アスナこと結城明日奈リズベットこと篠崎里香たちとも親しくなり《アルヴヘイム・オンライン》も始めた。種族はケットシーで弓使い。