シャープレシオ

社会

シャープレシオ

しゃーぷれしお

[英] Sharpe Ratio

シャープ・レシオとは、無リスク金利控除後のポートフォリオの収益率をポートフォリオリスク(収益率の標準偏差)で割った比率のこと。

シャープ・レシオ=超過収益(過去の運用実績−無リスク資産の利回り)÷ポートフォリオリスク標準偏差

ウィリアム・シャープが提唱したリスク調整後の投資収益を計測する尺度の一つ。シャープ・メジャーともいう。

ポートフォリオが取っているリスクに見合うだけの収益をあげているかどうかをチェックするための指標であり、同じ運用利回りであってもシャープ・レシオが高いポートフォリオの方が高いリスク(収益のブレ)がない効率的な運用ができていると評価することができる。

投資収益がマイナスの場合、無意味な値となる。

実務上における計算では、無リスク資産の利回りとしてインターバンク短期金利が利用されることが多い。