スマートフォン用の表示で見る

シャトー・ラギオール

一般

シャトー・ラギオール

しゃとーらぎおーる

chateau LAGUIOLE

フランス最大の刃物産業の地であるAuvergneオーヴェルニュ地方ThiersティエールにあるSCIP社の商標「シャトー・ラギオール」。ライヨール風ナイフで有名で、ソムリエナイフはワイン飲みには憧れの品。

高級。→rakuten:シャトー・ラギオール


ライヨール風という場合のライヨールは、Lagioleと綴りは同じだが、発音は異なる。ティエールとは160kmも離れたMidi-Pyrénéesミディ・ピレネー地方Aveyronアヴェロンのライヨール村を指し、この地で約200年前に生まれた様式のナイフがライヨール・ナイフである。ライヨール村ではいったん刃物産業が衰退したが、今ではForge de Laguioleなどのメーカーがライヨール・ナイフを製造している。


ライヨール・ナイフには、共通して蜂のマークがついているが、ナポレオンが与えた蜂のシンボルに基づくという説と、牛にたかる蝿を表していたという説がある。

参考:http://en.wikipedia.org/wiki/Laguiole_knife