スマートフォン用の表示で見る

シャリアピンステーキ

シャリアピンステーキ

しゃりあぴんすてーき

肉を薄くのばしてすり下ろしたタマネギにつけておき、それを焼いたステーキ。

1936年帝国ホテルのシェフがロシア声楽家シャリアピンから

『歯痛のため柔らかいステーキが食べたい』との希望を受け創作した料理。