スマートフォン用の表示で見る

シャンタル・ムフ

読書

シャンタル・ムフ

しゃんたるむふ

シャンタル・ムフ(Chantal Mouffe, 1943-)

ベルギー出身の政治学者。現在、ウェストミンスター大学教授。

エルネスト・ラクラウとの共著で、画期的なポスト・マルクス主義政治理論を提起。以後、ラディカル・デモクラシー(根源的民主主義)論の中心的人物となる。近年は、闘技的民主主義カール・シュミット右翼ポピュリズムの研究などを中心に展開している。


主要邦訳書:

『ポスト・マルクス主義と政治 ─根源的民主主義のために』(大村書店)

『政治的なるものの再興』(日本経済評論社)

カール・シュミットの挑戦』(風行社)

民主主義の逆説』(以文社)


ウェストミンスター大学の公式サイト

http://www.wmin.ac.uk/sshl/page-1527-smhp=1