シュータリング

スポーツ

シュータリング

しゅーたりんぐ

シュート+センタリング造語サッカーで、センタリングのつもりで蹴ったボールがそのままゴールに入ってしまうこと。

2001年5月24日に行われた第20回アジアクラブ選手権準決勝、 ジュビロ磐田対イルティシュ・パヴロダル(カザフスタン)戦で、延長戦前半に金沢浄が決めた決勝点を自身が「シュータリング」と呼んだことに由来する。