スマートフォン用の表示で見る

シューメーカーチェア

一般

シューメーカーチェア

しゅーめーかーちぇあ

靴職人の椅子

靴職人のスツール

シューメーカースツール

元来は北欧の牧場で乳搾りの作業に使われていた。

そのため草原などの不安定な場所でも安定しやすい3本脚が特徴。

1930年代から量産されるようになり靴職人が使い始め広まったことからシューメーカーチェアと呼ばれるように。