スマートフォン用の表示で見る

シュタウフェンベルク

一般

シュタウフェンベルク

しゅたうふぇんべるく

クラウス・フィリップ・マリア・シェンク・グラーフ・フォン・シュタウフェンベルク (Claus Philipp Maria Schenk Graf von Stauffenberg, 1907 - 1944)はドイツの軍人。

最高位は大佐。

軍人としてポーランド侵攻や対仏戦などに参加した。1943年チュニジア戦線で負傷し、右腕、左薬指、左小指、左目を失う。

その一方でナチスに対して反感を持っており、軍内部の反ヒトラーグループに参加する。

1944年7月20日ヒトラー暗殺未遂を実行したが、ヒトラー暗殺に失敗し処刑された。