スマートフォン用の表示で見る

シュテフィ・グラフ

スポーツ

シュテフィ・グラフ

しゅてふぃぐらふ

Steffi Graf

女子プロテニス?選手。1969年6月14日生まれ。旧西ドイツブリュール出身。

本名はStefanie Maria Grafステファニー・マリア・グラフ)。

ボリス・ベッカーとともに、ドイツテニス界の黄金時代を築いたスター選手。

ドイツではフロイライン・フォアハンド(フォアハンド嬢)と呼ばれた。

1982年10月、13歳4ヶ月の若さでプロ契約。1987年6月5日に全仏オープン決勝戦でマルチナ・ナブラチロワを破り4大大会初優勝。その年の8月16日に世界ランキング1位となり、1991年3月11日まで186週連続世界1位の座を保持した。

1988年に19歳で女子テニス史上3人目のグランドスラムを達成。この年のソウルオリンピックでも金メダルを獲得し、「ゴールデンスラム」と命名される。

1997年2月2日に東京体育館の「東レパン・パシフィックテニス」にて左膝の故障が悪化し、マルチナ・ヒンギスとの決勝を辞退。同年3月31日、そのヒンギス世界ランキング1位の座を明け渡し、全仏オープンで準々決勝敗退。直後に左膝の手術を受ける。

1999年6月5日の全仏オープン決勝戦でヒンギスとの“新旧女王対決”を制し、最後の4大大会優勝(22勝目)を飾る。この年のウィンブルドン決勝でリンゼイ・ダベンポートに敗れ、8月13日に世界ランキング3位で現役を引退。4大大会優勝の女子歴代1位記録保持者マーガレット・スミス・コートの24勝に“あと2”追いつけなかった。

2001年10月22日にアンドレ・アガシ選手と結婚。

2004年7月11日に国際テニス殿堂?入り。


* リスト::テニスプレイヤー