スマートフォン用の表示で見る

シュトルーヴェの測地弧

地理

シュトルーヴェの測地弧

しゅとるーう゛ぇのそくちこ

ドイツ出身のロシア天文学者フリードリヒ・フォン・シュトルーヴェが中心となって、1816年から1855年に掛けて子午線弧長の三角測量のために設置された三角点群。これらの観測点群は、地球の大きさなどを正確に測る上で多大な貢献をしたものであり、当時設置された265か所の測量点のうち34か所が、2005年にユネスコ世界遺産に登録された。これは、10か国に跨る珍しい物件であるが、設置された当時の国境区分ではわずか2か国(スウェーデンノルウェーロシア帝国)に跨っているに過ぎないものであった。