カール・シュピッテラー からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

読書

シュピッテラー

しゅぴってらー

カール・シュピッテラー Carl Friedrich Georg Spitteler (1845-1924) スイスドイツ語詩人小説家。アリオスト「狂乱のオルランド」に接して、英雄的悲劇的なギリシャ神話の世界を題材として、スケールの大きな叙事詩を書き、現代における叙事詩の可能性を示した。「プロメーテウスとエピメーテウス」はニーチェツァラトゥストラ」に比べられる。1919年ノーベル文学賞受賞。

代表作

叙事詩「プロメーテウスとエピメーテウス」「オリンピアの春」

小説「コンラート中尉」