スマートフォン用の表示で見る

シュペーア

一般

シュペーア

しゅぺーあ

アルベルト・シュペーア Albert Speer (1905-1981)

建築家からヒトラーに見出されナチスドイツの軍需大臣になる。ニュルンベルク党大会、ベルリン改造計画(ゲルマニア)、首相官邸などを任される。美を取り扱う建築家という職業柄か、ヒトラーとは話が合ったようだ。

人物評

「彼は、どんな党派に属しても栄達を手にすることができるだろう。彼は経営管理に秀でた生粋のテクノクラート(高級技術行政官)である。」