スマートフォン用の表示で見る

シュメン

地理

シュメン

しゅめん

ブルガリア語:Шумен、ラテン文字表記:Shumen)

ブルガリア北東部?シュメン州州都オスマン帝国時代は「シュムヌ」、1950年から1965年にかけて政治家であるヴァシル・コラロフ?に因んで「コラロヴグラト?(Коларовград, Kolarovgrad)」と呼ばれていた。9世紀初め、ブルガール族の定住が始まるが、やがてビザンティン帝国に編入され、オスマン帝国の支配をへて19世紀後半、新生ブルガリアの一部となる。