スマートフォン用の表示で見る

シルバーシート

一般

シルバーシート

しるばーしーと

公共交通機関における、高齢者障害者の使用を優先とした座席。1973年9月15日(敬老の日)、国鉄首都圏中央線快速電車にそのような座席を設置するにあたり、銀色の布地(新幹線普通車座席用の布地を転用したもの)を用いて座席を区別し、「シルバーシート」と名づけたことが始まりである。このことをきっかけに、「シルバー」という言葉で婉曲的に高齢者を指す用法が普及したともいわれる。名称が定着した後は、座席の色はシルバーに限らなくなった。

全国のJRおよび一部私鉄で使用されていたが、2000年前後からは多くの事業者において高齢者障害者妊婦・乳幼児連れが幅広く使用できる「優先席」として、シルバーシートの概念及び名称を変更したため、現在はこの名称はほとんど使われていない。従来から「優先席」または「優先座席」の呼称を使用していた事業者もある。