シルヴァ・バレト

アニメ

シルヴァ・バレト

しるう゛ぁばれと

機動戦士ガンダムUC』に登場するモビルスーツ。初出は漫画『機動戦士ガンダムUC バンデシネ』で、後にアニメ版にも登場。

第一次ネオ・ジオン抗争後、地球連邦軍によってアクシズから接収されたAMX-014ドーベン・ウルフをベースに、元オーガスタ研究所のスタッフらによってアナハイム・エレクトロニクスグラナダ工場で改修された機体。型式番号はARX-014。

サイコミュ搭載機量産の為のテストベッド機であり、準サイコミュ兵装テスト用のガンダムヘッドと、強化型の測定センサーを搭載したシステム解析用のジムヘッドの2種類の頭部が用意されている。ジェネレーター直結型の胸部メガ粒子砲はオミットされ、各部装甲材質を更新したことによって機体重量が軽減されており、より高い機動性と安定した稼働を実現している。

原型機のビーム・ランチャージェガンのシールドに複合兵装として内蔵されており、ジェガンと共用のビーム・ライフルを同時に携行することもできる。胸部メガ粒子砲以外の固定武装はインコム等の準サイコミュ兵装を含めほぼ使用可能。

サイコミュを主眼に置いたテストの後、アナハイム社によって厳重に管理されているはずだったが、機体の一部はビスト財団に引き渡されたという。

機体名のシルヴァ・バレト(Silver Bullet)は、西洋において狼男や悪魔などを撃退すると信じられていた「銀の弾丸」から取られている。

機動戦士ガンダムUC バンデシネ』では、カーディアス・ビストの指示下でRX-0ユニコーンガンダムの稼動実験の仮想敵機として使用された。アニメ版『機動戦士ガンダムUC』最終話では、ガエル・チャンがガンダム・ヘッド型に搭乗。メガラニカ内にあるビスト邸前にて、バナージ・リンクスユニコーンに乗り込むまでの時間を稼ぐため、メガラニカに乗り込んできたネオ・ジオングを相手に奮戦した。