スマートフォン用の表示で見る

シロタ株

サイエンス

シロタ株

しろたかぶ

生みの親は、京都帝国大学医学部を卒業し、微生物学教室で腸内菌の研究に取り組んだ代田稔博士。

1930年(昭和5年)、消化管内で有用な働きをする乳酸菌の研究中、胃液や胆汁など殺菌力の強い消化液にも耐えて腸に到達する乳酸桿菌*を人の腸内から選び出し、さらに強化培養することに成功。人工胃液や人工胆汁を加えた培地培養し、生き残った菌を選び出し、れを何回か繰り返して、胃液や胆汁に負けない強い菌に育て上げる。

これがのちにヤクルト菌と呼ばれる「ラクトバチルス カゼイ シロタ株」。