2045年問題 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

サイエンス

シンギュラリティ

しんぎゅらりてぃ

関数的に発達したコンピュータが、人間以上の知能と意識を持つようになるとされる時点、その日を指す。Technological Singularity。技術的特異点

概要

主に人工知能AI)の文脈議論されることが多い。技術的特異点の後は人間と同等またはそれ以上の知能・仕事・知識をこなすことができ、何らかの自意識を持つコンピュータである「強い人工知能」やポストヒューマンが支配することになると言われている。またその時期はだいたい2045年ごろだとされるため、一般的に「2045年問題」とも呼ばれる。

1993年アメリカ数学者でありSF作家であるヴァーナー・ヴィンジの論文技術的特異点(The Coming Technological Singularity)」にて提唱。またレイ・カーツワイルなども同じく提唱している。

年に1度、信奉者により「シンギュラリティサミットシンギュラリティ大学)」と呼ばれる国際会議が開かれている。

テーマとする作品

文学

など

映画

など