スマートフォン用の表示で見る

シンシナティ・ベンガルズ

スポーツ

シンシナティ・ベンガルズ

しんしなてぃべんがるず

[英] Cincinnati Bengals

シンシナティ・ベンガルズは、NFLAFC北地区に所属するチーム。

オハイオ州シンシナティを本拠地とする。

沿革

1968年に、AFLのエキスパンションチームとして創設された。その当時、チームは既に殿堂入りを果たし、チームの創設者でもある名将ポール・ブラウンにより率いられた。

1981年、1988年シーズンにおいて、スーパーボウル出場を果たす。しかし、そのいずれの試合も、ビル・ウォルシュに率いられ、ジョー・モンタナを司令塔に据えるサンフランシスコ・49ersに苦杯を舐めた。

同じくオハイオ州クリーブランドフランチャイズを置くブラウンズとは、ポール・ブラウンが自らの名を取ったブラウンズを追われた因縁から、今でも激しいライバル関係にある。本拠地のポール・ブラウン・スタジアムは2000年に完成した。

チームデータ

フランチャイズ創立1967年5月24日
NFL加盟1968年
通算成績300勝387敗2分 勝率.435
スーパーボウル出場2回/ 第16回(1981年)、第23回(1988年)
スーパーボウル優勝0回
NFLチャンピオン0回
オーナーマイク・ブラウン
ヘッドコーチマービン・ルイス
チームカラーブラック、オレンジ、ホワイト
スタジアムポール・ブラウン・スタジアムオハイオ州シンシナティ
2000年建造
シンセティック / 65,378人収容
チーム名の由来チーム名「ベンガルズ」(ベンガル虎)は、1930年代に実際にこの町に存在したプロフットボールチームの名前から採用した。
創設者のポール・ブラウンが、「かつてシンシナティに存在したチームとリンクさせるべきだ」と提唱したことから決定した。