シントラの文化的景観

シントラの文化的景観

(地理)
しんとらのぶんかてきけいか

(英名:Cultural Landscape of Sintra、仏名:Paysage culturel de Sintra)
1995年に登録されたポルトガルの世界遺産(文化遺産)。シントラは、首都リスボンの北西に位置し、詩人バイロンが「この世のエデン」と称えた。14世紀にジョアン1世が夏の離宮としての基礎を築いた王宮は、巨大な2つの煙突が特徴的。ペナ宮は、フェルナンド2世が廃墟となったジェロニモス会の修道院をゴシック、ムデハル、ムーア、ルネサンスなどの要素を取り入れて改築したものである。