シンフォニックジャズ

音楽

シンフォニックジャズ

しんふぉにっくじゃず

(symphonic jazz

シンフォニーで用いる楽器をそろえたオーケストラによるジャズ。交響楽的な楽器編成で演奏される。『ラプソディ・イン・ブルー』が最初とされる。デンヴァー交響楽団ヴィオラ奏者からポピュラーの世界へ転進したポール・ホワイトマン?が企画し、1924年2月12日にニューヨークのエオリアンホールで開いた「All American Music Concert」と名付けられたコンサートにその発端が見られる。このコンサートで『ラプソディ・イン・ブルー』が発表され、作曲者のジョージ・ガーシュウィン自身のピアノとホワイトマン楽団の協演によって演奏された。