スマートフォン用の表示で見る

ジェームズ・ギブソン

読書

ジェームズ・ギブソン

じぇーむずぎぶそん

James Jerome Gibson (1904-79)

米国認知心理学者。

視覚研究を行う中でアフォーダンス理論を生み出し、知覚者を取り巻く環境に注目する生態心理学を発展させた。彼の理論を継承する研究者はギブソニアンと呼ばれる。

ギブソンの墓は存在せず、彼を焼いた灰はコーネル大学の庭に撒かれた。

「視覚世界の知覚(The Perception of Visual World)」「知覚系として捉えられる諸感覚(The Sense Considered as Perceptual Systems)」「生態学的視覚論(The Ecological Approach to Visual Perception)」の三冊の著作がある。

* リスト::学者::人文科学